ピアノ・キーボード科

レベル別の3つのクラス

ベーシック

ベーシックは、クラシックピアノ習熟者や独学でそこそこ弾けるけれどコードやスケールがわからない、といった人達の為に、ポピュラー音楽演奏の基礎となるテクニック、知識を丁寧に固めるクラスで、主にダイアトニックなコードやスケールを学習します。
当塾ではグループレッスンの進行を適切に進めケアが行き届くように、入学時にレベルを審査するテストを設け、レッスン内容が十分理解できる形で進めていきます。また、ジャンルを超えた当塾担当講師たち自らがアイディアを出し合い、練り上げたカリキュラムを作成した本人が教えます。丁寧な説明に理解も深まるでしょう。

アドバンス

アドバンスはさらに上級のテクニック、知識を学べるクラスです。ブルースやペンタトニック、ドミナント7thコードに対する様々なスケールの習熟。コードワークもテンションの入ったものから、さらに自由度を増すものまで広いジャンルで活躍できるようになる為のアイディアをたくさん知ることができます。

マスター

マスタークラスではプロ、即戦力として通用することを目的として学んでいきます。ピアノソロはさらにハイテクニックに。コードワークは、色彩感のある特殊な方法論で出来たコードまで学び、更にリハーモナイズやイントロ&エンディングを自由に作れるような知識、テクニックを学びます。また、理論ではアレンジの領域に踏み込み、オーケストレーションの基礎になる和声法まで学び、多才で信頼されるプレーヤーに成長することが出来ます。

達成目標の明確なカリキュラム

インプロビゼーション=トレーニング

全ての音符が記譜されているクラシック音楽と違い、ポピュラー音楽にはアドリブという要素が重要です。当塾に入学を希望する理由の1つにアドリブが出来るようになりたい!という強い気持ちがあると思います。この授業は、一瞬のインスピレーションを即興的に表現する力を養う為に必要な素材の1つ、スケールに焦点を当てます。様々なスケールを学び、いろいろなKeyで弾いて、カッコいいアドリブが出来るようになりましょう!

コードワーク

ピアノに限らず鍵盤楽器にはコードフォームというものが存在しません。C7というコード1つをとっても様々な押さえ方が出来てしまい、しかもKeyが変わると運指も変わってしまう。という理由でコードを厄介なものだと思っている人も多いかも知れません。しかし、キーボードプレイヤーのセンスを最も輝かせるのがコードワークです。様々な演奏スタイルに応じたコードネームの解釈やボイシングをじっくり学んで、素晴らしいハーモニーセンスを磨きましょう!

リズムスタイル

バッキングは鍵盤楽器の見せ場です。その為にはリズム感を鍛え、各ジャンルに対応したバッキングがすぐ引き出せるようなトレーニングが必要です。またメロディの合間に、お洒落でカッコいいフレーズを入れられるようになれば最強です。引っ張りだこの鍵盤奏者になる為のバッキングの極意を学びましょう!
この授業はリズムセクションクリニックともリンクしており、ここで習得したことをすぐにアウトプットできるようになっています。

イヤートレーニング

音大にある聴音とは違い、CDや音源から音を耳でコピーしたり、それを譜面に書き起こせるようになる為のトレーニングは必須です。オリジナルの教材を使い、音楽の3要素である、メロディ、コード、リズムを聴き取る能力を開発していきます。また綺麗で見やすい譜面の書き方もここで学んでいきます。

理論

「音楽の素晴らしさはどこから来るのか?本当のことを知りたい」そう思われて学校に通われることにする方も多いと聞きます。当塾ではわかりやすいオリジナルな教科書を使い、徹底したトレーニングで実用的な能力を身につけます。ベーシッククラスでは、あらゆるキーの読み書き、コードトーンを実音で言える、書けることを。アドバンスクラスでは、楽曲の完全なアナライズを。マスタークラスではアレンジ的要素を学べます。

読譜

TAB譜では音楽を読み解くことはできません。
五線譜が読めるようになると曲をイメージすることができるようになり、自分なりの表現力が身に付き音楽の世界が一気に広がります。
また楽譜は音楽の共通言語。他の演奏者とコミュニケーションを取るためには必須です。
読譜初心者からでも初見演奏に対応できるようにトレーニングします。

リズムセクションクリニック

様々なリズムを使った課題曲をバンド単位(ドラム、ベース、ギター、キーボード、ホーンセクション)で実践。
グルーヴ、サウンドコントロール、バンドのコミュニケーション、アンサンブルに磨きをかけます。
ベーシッククラスでは、8beatのロック系やシャッフル。
アドヴァンスクラスでは、16beatのポップス、バラード等。
マスタークラスでは、16beatのファンク、ソロ・ブレイクのアンサンブルをおこないます。

ステップアップに繋がる自由選択の授業

自由参加カウンセリング

科を問わず誰でも自由に参加できる時間です。
必修科目にはないDTMを学んだり、講師とのセッションや悩み相談もOK。
そして時にはゲスト講師を招くことも!この時間を有効活用しない手はありません。

各種アンサンブル

様々なジャンルの音楽に触れることができる時間でもあり、バンド形式で演奏できる時間です。
事前に出された課題曲を練習し、各パートが入れ替わり立ち代わり、色々な組み合わせでアンサンブルしていきます。発表する緊張感を味わうことができ、ステージ度胸を鍛えたり、ステージ慣れることができます。相性の良いメンバーが見つかり、バンド結成に繋がるかもしれません。

講師紹介

島田 篤(ピアノ・キーボード科主任)

島田篤ピアノ・キーボード演奏家 / 作編曲家 / 弾語り 1963年大阪生れ 現京都在住
piano, keyboard player / composer, arranger / singer-songwriter born in 1963 Osaka. Kyoto JAPAN
幼少時から両親の影響でジャズ等様々な音楽に親しみ、ピアノに少し触れる。
学生時代よりバンド活動を始め現在に至るまでジャンルを問わない様々なグループやセッ
ション、レコーディングに参加。
自己の音楽として、
・弾き語りSOLO『Inner Song』
・オリジナルジャズQUARTET
・インプロヴィゼーションSOLO
そして、 ・環境音等の素材を即興と楽曲にちりばめたインプロ系アンビエントバンド『KYA』 ・映像作家・小倉恒夫とKYAのコラボレート『MICRO COSMOS』
過去には、
・violin, viola, contrabass, pianoによるソフトな 現代音楽・新印象派という趣きの弦楽カル テット『LAST YEAR TIME』
・アルフレッド・ジャリ原作による 即興的演劇ライブ『超男性』作演出。
等々がある。
現在もシンガーソングライターとの共演や、映像・ダンス・演劇・詩人等とのコラボレー
ト、映画音楽制作、アーティストサポート等、多岐に亘る活動を継続し、様々な表現者との
共演を重ねる。
ノンカテゴライズな活動を目指し、常にボーダーレスにクリエイティブに音楽に取り組み続
ける姿勢は、独自の存在感を放っている。

おか ゆきよ

おかゆきよJazz、Rock、Funk、Pops等幅広いジャンルを弾くピアニスト&キーボードプレーヤー。
3歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを始める。ヤマハジュニア専科を卒業。
同志社女子大学 学芸学部卒業後、アン・ミュージックスクール京都校にでジャズピアノを村上ユミコ氏、玉田隆志氏に師事して学ぶ。その後、宮前幸弘氏、坂元テル氏に師事。
2001年9月、NYにて数々のセッションを経験し、ドラマーのGENE LAKE氏のリズムクリニックを受ける。
2002年よりキーボードプレーヤーとして仕事を始める。(渡辺真知子、ジュディ・オング、堺正章、ザ・スパイダース、水森かおり等のコンサートやディナーショーのサポート等。)
2008年、渡辺真知子デビュー30周年記念
よこすか芸術劇場コンサートのDVD収録にサポートミュージシャンとして参加。
2002年~2013年、宝塚歌劇のオーケストラでシンセサイザーを担当。
現在、ディナーショーサポートの仕事、レストラン等でのジャズピアノ演奏、夫婦でのPiano/BassのJazz Duo、そして様々なシンガーとのライブでも活動している。

花田 えみ

花田えみ1984年7月3日生まれ。滋賀県出身、京都府在住のオルガニスト。
幼い頃からクラシックピアノを学ぶ。短大卒業後、AN MUSIC SCHOOL・ピアノ科に入学。 在学中、様々なジャンルの音楽に出会い、中でもBilly PrestonのsoulfulなOrganに衝撃を受け、Organを弾き始める。西野けい、橋本有津子両氏に師事。現在は、自己のリーダーバンド・HANA’s Organ Quartetを始め、サポートライブやレコーディング、セッションやイベント演奏等、東西南北活動中。演奏活動以外にも数々のアーティストへの楽曲提供、アレンジ等も手がける。2015年7月、自身のオリジナルを詰め込んだ1st Album『Soul Meetin’』を発表。

大村 篤史(キーボード・ピアノ・DTM/個人レッスンのみ)

omura_atsushi3才で音楽教室に通い始め、7才からピアノを始める。
16才でバンド活動を開始、大学祭等に多数出演。24才の時には自身のリーダーバンド「Roose」でヤマハバンドエクスプロージョン’90にて全国大会グランプリ受賞(日本武道館)、同世界大会出場(日本武道館)を果たす。28才の時、自作曲「16の瞳」がデビッド・フォスター・プロデューサー講座にて最優秀曲に選ばれ、来日したフォスター氏から直接指導を受ける。
その後もんたよしのりやばんばひろふみのバンドへの参加、ラジオ番組パーソナリティー、学校の軽音楽部の指導等精力的に活動。1999年には「安倍令こ&大村あつし」デュオライブを開始、’99京都音楽祭にて自作曲「砂のかけら」が最優秀賞と京都市長杯を受賞。
2001年MIDI検定3級を取得。2002年、花*花のツアーメンバーとなる。
現在、自分が演奏することだけにとらわれる事なく、音楽を真ん中に置いた暖かい空間制作を目指して活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

体験入塾・個別説明会

まずはお気軽に体験入塾・個別説明会へお越しください。
あなたにぴったりのコースをご提案させて頂きます。

お申し込み・お問い合わせ