長谷川晃 ベース教室

レッスン概要

初心者から、今のプレイに一味足したい方、R&B特有のフィールを学びたい方、ジャズのウォーキングラインを弾ける様になりたい方

オリジナルジャズバンド「Vermilion Field」のメンバーとして、また、ジャズ、R&B・ブラックゴスペル等のセットで京都を中心に活躍するベーシスト、長谷川晃の個人レッスンです。基本的な故障しにくいフォーム、しっかりした音の出し方から、メトロノームトレーニング、リズムにのるための身体の使い方なども、また、ブラックミュージックのベースライン、スタイルを教材に、初心者から、今のプレイに一味足したい方、R&B特有のフィールを学びたい方、ジャズのウォーキングラインを弾ける様になりたい方などにむけての、丁寧なレッスンを心がけます。どうしてもベーシストが敬遠しがちな楽理も、楽器を通して学べます。

体験レッスン

長谷川晃・ベース教室ではご入会を検討されている方を対象に体験レッスンを行っております。体験レッスンご希望の方はお気軽にお申し込みください。

コース 場所 時間 / 曜日 料金
体験レッスン 応相談 1回50分 / 応相談 無料

レッスン料金

レギュラーレッスン

コース 場所 時間 / 回数 / 曜日 入塾金 料金
個人 応相談 50分 / 月2回 / 応相談 12,000円+税 12,000円+税
個人学生 応相談 50分 / 月2回 / 応相談 10,000円+税 10,000円+税

講師プロフィール

長谷川 晃

長谷川晃1971年名古屋生まれ。京都在住。中学でギターをはじめ、80年代中期の新旧雑多な音楽環境に感化され高校進学時にベースに転向。大学入学時に京都へ移住。1992年度に同志社大学The Third Herd Orch.に参加し同年の山野ビッグバンドコンテストでTBSラジオ賞受賞。自力で基礎を習得し90年代半ばよりプロミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。
ロック、ジャズ、ファンク、クロスオーヴァー、モダンゴスペル、ブラジリアンポップス、アフリカンロックとそのプレイするジャンルは幅広く、オリジナル・ジャズ・バンド「Vermilion Field」のメンバーとして2015年にビクターより3rdアルバム「Feira」をリリース。アフリカの音楽をベースに独自の音楽を展開する「SAKAKI MANGO & LIMBA TRAIN SOUND SYSTEM」のメンバーとして2012年にスワジランドで開催される南半球最大級のフェス「Bush Fire」に出演。また関西屈指のゴスペルクワイア「Everlasting Joy」のレギュラーサポートをはじめ多くのゴスペルクワイアのサポート、自身のバンド「Play Ground」での活動、ヴォーカリストのサポートやセッション等、様々なシーンで活躍。作曲家としても「すみだストリートジャズフェスティバル」の公式アンセム「太陽の樹」作曲。また、京都で主催する「アマチュアナイト in Kyoto」は30回を超え、後進の指導にも長くあたる。ナラダ・マイケル・ウォルデン、桑名正博、近藤房之助らをはじめとする著名アーティストとの共演歴も多く、関西の音楽シーンを低音から支える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

体験レッスン

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせは、以下のフォームよりお寄せください。

体験レッスン申し込み・問い合わせ