塾生インタビュー:ヴォーカル 今井 美緒さん

大学進学とともに、「新たなことにチャレンジしたい」と音楽にも本格的に取り組み始めた、今井美緒さん。ヴォーカルの経験はほぼゼロからスタートした音楽生活、この1年を振り返っていただきました。

「変わった」と言われることが多いので、成長はしたのかな

・お名前、職業、パートをお願いします。

今井美緒です。大学生で、パートはヴォーカルです。

・ヴォーカル以外で楽器はされていますか?

サークルでは一応ギターはやっています。お遊び程度で、ギター科の近持さんとか見てたら、とてもやっているとは言えへんくらい(笑)。

・近持くんくらい弾ける女子はそうはいないのでは(笑)。ヴォーカルはこれまで、どれくらいやられていますか?

義塾に入ってからしかやってないので、去年の12月くらいから、1年4ヶ月ぐらい?

・それまではスポーツに打ち込まれていたので、違うことにチャレンジしたかったということでしたね。始めるまでは、お友達とカラオケで歌うくらいでしたか?

それくらいですね。

・カラオケに行った時など、周りから「上手だね」みたいな?

多少は(笑)。

・普段はどんな音楽を聴いていらっしゃいますか?

好きなのはUVER WORLDとAAAとかで、聴くのは聴くんですけど歌いはしないです(笑)。サークルに入るようになってからは、全然知らへんかったインディーズバンドとか、そんなに有名じゃないバンドとかも聴くようにはなりました。

・洋楽は聴かない?

洋楽はあまり聴かないです。

・昨年から、まずは谷口先生のヴォーカル個人レッスンから始めて、2017年度に入ってから本科の授業も受けていただいています。それまであまり大きな経験はなく、がっつりやられている訳ですが、きっかけは何でしたか?

多分そういう環境にならないとやらないので。1度高校生の時に軽音部に入ろうとしたんですけど、家族に「あんたは運動部じゃないと怠ける」って言われたくらい、強制しないとやらないので(笑)。

そういう環境の方がいいかなと思ったのと、お父さんがRAGの方と知り合いで、ここにしたらと言われて。

・始める前に思っていた「1年後の理想像」があったと思うのですが、それと比べると現時点はどんな感じですか?

理想には届いてないけど、結構「変わった」と言われることが多いので、成長はしたのかなと。

・「変わった」とは例えばどういう人に言われますか?

先生や、サークルの先輩とか。友達とカラオケに行った時とかで不意に「こんな上手かったけ?」みたいな(笑)。自覚はなかったけど、一応成長はしてるのかなというのはあります。

・良かったです(笑)。昨日の期末カウンセリングでも、先生方から9月くらいからぐっと良くなったという話がありましたが、その辺りでターニングポイントはありましたか?

あまり自覚がなかったから。。先生はその辺から変わったって言ってくれはるけど、「あ、そうなんや」って感じで(笑)。

・カウンセリングでは、課題曲の1つ”Isn’t She Lovely”がすごく印象的な曲だったとおっしゃっていましたが、その辺りも関係しているのでしょうか。

ひたすら必死にこなしてたところが多いので、強いて言うなら”Isn’t She Lovely”かな?というくらいです。

・この1年でやってきた曲を見返すと、大体9月頃に合致はしていますね。

その時期に、アンサンブルでも個人レッスンでも、「もうちょっと表情、発声とかじゃないところ」を言われ始めたから、意識してたらちょっと変わったのかなっていうのはあります。

・表情というのは、そのまま顔ということではなく、声の表情ということですか?

声の表情を変えるために、顔の表情もちゃんと作らなあかん、みたいな。ちゃんとステージに立った時のことを考えて、みたいなことを言われ始めました。

・ヴォーカルアンサンブルは、1曲を3週にわたってやっていき、年間9曲を題材にしてきましたが、ペース的にはいかがでしたか?

1年で見たら9曲だけど、3回で1曲と思ったら、2回だったらちょっと不安?1週間に1回しかないので、3回で1曲がちょうどいいくらいです。

・来年度も継続してヴォーカルアンサンブルを受講するとしたら、チャレンジしてみたい曲やジャンル等はありますか?

1人1人順番に歌っていくだけではなく、3人で歌うとか。ちゃんとパートがあって、ちゃんとコーラスをする曲は楽しいなと思ったのと、ロック系・バンド系が1曲くらいあっても楽しいかなと思います。でも難しいのはやっぱり英語の曲ですね。こういう機会がないと英語の曲は歌わないし(笑)。

・強制的に(笑)。

練習にはなります、英語の曲の方が。

・大学生なので「自由カウンセリング」「各種アンサンブル」は毎回は参加できませんでしたが、それらの授業で来年度は「こういうことをやってほしい」というご希望はありますか?

座学系の、理論?理論とかの時間があれば、勉強になるなと。コード進行とか、ダイアトニックコードとか全然知らないので、私は。そういうのがあったらいいなと思います。

・今後作曲にもチャレンジしたい?

作曲をするにあたって知らなさ過ぎて、みたいなところがあるので。ちょっと知ってるだけでも違うかなと。

・個人レッスンは谷口先生に指導いただいていますが、谷口先生のレッスンではどのようなことをしていますか?

ほとんどは発声とリズム練習、基本的なことが多いです。たまに谷口先生が「これ何度?」「これ何って言う?」って、急に理論をぶっこんんできはったりとか(笑)。それがないと覚えないしありがたいんですけど。「これ何度転調やと思う?」とか、あとマイクの種類とか、不意にそういうのを教えてくれはったりします。

いろんな先生にいつでもなんでも聞ける環境

・大学に通いつつ、義塾でもヴォーカルアンサンブルと谷口先生の個人レッスンに通うのはスケジュール的にどうですか?

全然大丈夫です(笑)。週1回だったら、空きコマに来れる感じです。北白川はちょっと遠かったですけど、河原町になってからは大学が近いので。

・大学生として経済的にはいかがですか?

金額だけ聞くと、自分で払えと言われたら高いのは高いと思います。けど、アンサンブルの授業でいろんな先生にいつでもなんでも聞ける環境は、個人レッスンを増やすことでは無理。理論で分からないこととかは、キーボードの先生が詳しく知ってはったりとかはあるので、それは大きいかなと。値段にちゃんと加味されている感じかなと思います。

・現在美緒さんが通っている本科基本コースをおススメするとしたら、どういう方におススメしたいですか?

同じ学生でちょっと時間とお金に余裕があって。私はプロになれるならなりたいけど、大学もちゃんと行かないとと思ってる派なので、最終どちらでも選べる感じ。同じようにサークルでやってる人とかで、もうちょっとちゃんとやりたい人にはおススメできるんじゃないかなと思います。

・現時点大学2回生になる前ですが、音楽に限らず将来像として「こうなりたい」というのはありますか?

どっちか、という感じです。ちゃんと好きな音楽でプロとしてやっていくか、無理やと思ったらサッと切り替えて、教員とか。部活をやってたので、部活に関わったりするか、どっちかかなって思います。

・世代感覚的に同世代の周りの方はどんな感じですか?2回生くらいのうちから学生カフェに通って企業との繋がりを作ったり?

内進の人は結構真面目な人が多いです。真面目というか、遊びつつ実は資格の勉強をしているとか、バイト先をちゃんと選ぶとか。外部から来た人とかはずっと遊んでいる人もいます(笑)。

・昨日のカウンセリングで、オーディションにも応募されたとお話しされていましたね?

YAMAHAのオーディションです。2期終了後のカウンセリングで杉山先生とお話した時に、「何かしようか」となって。一番手っ取り早いのがネットで応募できるものなのでとりあえず応募してみたらと言われて、とりあえず応募した感じです。

・今のところリアクションは?

特になかったです(笑)。

・そういうことも今後どんどんやっていきたい?

やっていかないとダメなんだろうな(笑)。

・何かをアクションしたら、何かに繋がっていくんじゃないでしょうか。次の1年後、どうなっていたいという目標はありますか?

ちゃんと自分の曲を何曲か作っておきたいです。それと、谷口先生にも「ライブしいひんの?」ってずっと言われてるので、この1年でチャレンジはしたいなと。

・ライブはサークルではやっていると思いますが、学外でということですか?

はい。

・ぜひLive Spot RAGにご出演ください(笑)。自作曲は弾き語りでしたいですか?バンドでしたいですか?

う~ん、どちらでも。バンドのメンバーがいる訳でもないし、弾き語りしか無理なんじゃないかな?

・オリジナルでライブをするのが目標、そのために作曲を学びたいというのはありますか?

曲の作り方は全く分からないし、理論も学びたいとは思っています。

・ありがとうございました!次の1年も頑張ってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ

京都RAG音楽義塾に関するお問い合わせは、以下のフォームよりお寄せください。

お申し込み・お問い合わせ