塾生インタビュー:ヴォーカル&ギター稲継 理央さん

大学に通いながら、4回生の2017年度2期(9月)から当塾に入塾していただいた稲継 理央さん。Mr.Childrenが大好きな女子大生が、大学生活最後の期間をどのように音楽と過ごしたかお伺いしました。

ギター弾き語りスタイルでやりたかったので、それも出来るところがいいなと

・お名前、ご職業、パートをご紹介ください。

稲継理央です。大学4回生です。ヴォーカルとギターをやっています。

・それぞれの歴はどれくらいですか?

ずっとはやってなくて。初めてやったのが中一か中二の時に、ギターと、歌。高校は軽音部で、大学に上がって2年間は何もやってなくて、3回生くらいからまた音楽をやり始めた感じです。

・高校の軽音ではどのような活動をされていましたか?

バンドを組んで大体コピーをギター&ヴォーカルでやっていて、1曲オリジナルも作りました。

・コピーはどのような曲をされていたのですか?

私はミスチルしか歌ってなかったです。もう1人ヴォーカルがいて、その子はアニソンとかを歌っていて私はギターを弾いてという感じでもやっていました。アニソン、いきものがかり、YUIとか、ポップス系を。

・世代的に通るアーティストという感じですね。稲継さんは2017年度9月<第二期>から、義塾本科ヴォーカルコースに通っていただいています。ここ学んでみたいと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

ヴォイストレーニングの教室を色々探していて、ギター弾き語りスタイルでやりたかったので、それも出来るところがいいなと思っていたんです。弾き語りができるようになったらいいなと思っていました。

・大学3回生からまた音楽を再開したのも弾き語りをしたいというのが、大きな動機でしたか?

ちょうどミスチルのアルバムが出てそれがとても良くて。それでまた音楽をしたいなと思ったのが再開のきっかけです。

・大学に通いながら、義塾の授業も受けるのは大変ではありませんか?

単位はほぼ取っていたので、スケジュールは全然空いていたんですけど、義塾の授業料は自分で払っていたので、アルバイトをしながらという感じです。

・単位ほぼ取得とは優秀ですね、羨ましい。。周りの同回生の方も4回生時はスケジュールは余裕の方が多いのですか?

留学に行っていた人は単位の互換性がないと結構ギリギリまで取ってたりしてますけど、大体みんなゼミだけとかそういう感じでした。4回生の秋は暇なんじゃないかなあ?

・では皆さん稲継さんのように自分のやりたいことに時間を使っている感じですか?

アルバイトをして、旅行が好きな人は海外に行ってたりとかしますね。

音楽が全般的に楽しくなりました

・義塾に入る前は、別のところでヴォイトレを受けたりもしていたとのことですが、義塾には何を期待して来られましたか?

小倉ユウゴさんのレッスンでは曲を作ることも教えてくれるので、ヴォイトレ、ギター弾き語り、作曲と色々できるかなと思って。

・シンガーソングライター的なレッスンも受けていたということですね。ユウゴ先生はどのような先生ですか?

熱心だと思います。レッスンはレッスンで色々真摯にやってくださっていて、レッスンが終わった後の時間でも分からないところとか教えてくださったり。勉強になりました。ミスチルの曲ではこういうコードの使い方をしてるよ、とかも教えてもらいました。

・ヴォーカルアンサンブルの授業も受けていらっしゃいますが、この授業はいかがでしたか?

自分では聴かない音楽・曲が多くて、初めは歌うために練習するけど、練習するうちに「こういう音楽もあるんだ!」という感じで。洋楽だと初めから「歌えないな」と思っていましたけど、歌ってみたら意外と「こういう感じで歌ったらいいんだな」というのがなんか分かってきたかな、と。

・音楽に対する視野が広がった感じ?

そうですね。音楽が全般的に楽しくなりました。

・バンド形態で歌うのは高校生以来ということですよね?

やはりカラオケではない良さというか、バンドで歌える方が楽しい!(笑)。プロミュージシャンの方3人で指導くださるのは贅沢ですよね。

・ヴォーカルアンサンブルの授業を受けて良かったなと思う点は?

ハモりとか。多くはやってないですけど、そういう機会もあったので、若干できるようになったかなと。まだ苦手ではありますけど、ハモりとかコーラスに慣れてきたかなと思います。

・1人で歌っているだけでは絶対やらないですものね。先日の「自由カウンセリング」でもハモりをやりましたが、「自由カウンセリング」「各種アンサンブル」の授業はいかがでしたか?

当日行ってみないとどういう内容のことをするのか分からないので結構ドキドキでしたけど、行ってみて「出来ません」ということだったら「出来ること」にすぐに合わせていただいたので、ぶっつけでも勉強になりました。

・前もってどういうことをするか分かっている方が、参加しやすいですか?

「自由カウンセリング」で楽器を持つことも結構あって、「出来るかな?」と思いながら参加していたので、楽器を使うときはお題が分かっていたら怖くないかな(笑)。

社会人になっても音楽は続けたい

・2期 / 20週間通っていただいて、これから社会に出られる訳ですが、ここで学んだことをどのように今後活かしていきたいと考えていますか?

社会人になっても音楽は続けたいので、ここに通っている間に「かなりいい!」と思える曲も1曲作れたんですけど、どんどん作って発表できる場所を作って活動していきたいなと思っています。

・大学を卒業するまでに、オリジナルの曲でライブをしてみたいとおっしゃられていましたが、それは実現できましたか?

今度のRAGスクールコンサートでやります。

・そうなんですね!

オリジナルとしては初めてではないんですけど、弾き語りでやるのは初めてです。

・それは楽しみですね!この3月で卒業をされますが、もしあと1年義塾で学べるとしたらどんなことを学びたいですか?

まだ1人では曲をきちんと作れるか分からないので、その辺りですね。

・ありがとうございました!今後のご活躍を期待しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ

京都RAG音楽義塾に関するお問い合わせは、以下のフォームよりお寄せください。

お申し込み・お問い合わせ