3者3様!各先生のギタースタイルを多角的に学べる公開講座

現在、義塾の公開講座では3つのギター講座が開催されています。
ご担当の3先生、岡本博文先生、安達久美先生、西村守先生、
それぞれ得意とされるジャンルやプレイスタイルも異なりますので、
同じギターという楽器でも様々な角度から学ぶことができます。

それぞれの講座がどの様な特徴で、どの様な方に適しているか、簡単にまとめてみました。

岡本博文「寝てても弾けるジャズギター」講座

キーワード:ジャズ、ブルース、アドリブ(ドレミ〜を基調とした)

独自に研究を重ねた岡本先生ならではの”論理的な”アプローチを学べます。”論理的”ではありますが、音楽理論をあまり知らなくても”ジャズっぽく”聴こえる音の選び方や繋ぎ方が学べるので、「難しそう」「理論は苦手。。」という、どちらかといえば理論弱者(?)がちなギタリストでも問題ありません!毎回基本フレーズのおさらいをしつつ、それを活用したアドリブソロを全員で回していきますので、先生のアプローチはもちろん他の参加者のプレイも参考になります。時にやろうとしたことが被ってしまい「わちゃ!」と焦ってしまうこともありますが(笑)。

クラスの目安

初級:難しい理論なしでジャズっぽいギターを弾いてみたい方、アドリブに使えるフレーズのネタを学びたい方
中級:学んだフレーズを発展させどんどんアドリブをしたい方
が適しているかと思います。

岡本博文 寝てても弾けるジャズギター

安達久美スタイルギターワークショップ

キーワード:ロック、ファンク、リズムギター、アドリブ(ペンタトニックを基調とした)

義塾本科の「リズムセクションクリニック」課題曲の作曲者でもある安達久美先生は、リズム面からのギターアプローチも重視されています。その時々の課題曲を、リズムからのアプローチ、アドリブのアプローチ法、オブリガードのバリエーションなど、色々な角度からレクチャーします。そしてギタリスト2人がペアで演奏する場面も多く、ギター同士のコンビネーション、呼吸も学べるのが特徴です。女性の方も多いので参加しやすいと思います!

クラスの目安

超初級:ギターをはじめたて、コードの押さえ方があまり分からない方
初級:コードは大体分かる、リードメロディも簡単なら弾ける、アドリブもやってみたい方
中級:幅広いアドリブアプローチを学びたい方、一歩深くリズムを身に付けたい方
が適しているかと思います。

安達久美スタイルギターワークショップ

西村守「テクニカルロックギター」講座

キーワード:ハードロック、速弾き、テクニカル奏法、フィジカルトレーニング

西村先生の講座の特徴は、ただ「テクニカル」と称される奏法を教えるのではなく、
テクニカルなフレーズや、高速なフレーズを演奏するためには、
・どのような左手の使い方をしたらいいのか
・どのような右手の使い方をしたらいいのか
・どのように練習を進めていけばいいのか
というギター全般に通じるフィジカルな演奏法をとても論理的に説明し、実践してくれるところにもあります。
(とは言え難しく速いフレーズも、もちろん扱います)
いわば、ヴォーカリストにおける体づくりやヴォイトレの様な要素にあたるかと思います。
そして、得た演奏法をどうやって自分の表現に生かしていくのか、のヒントも提示してくれます。

クラスの目安

初級:ギターを演奏する上で合理的な体の使い方を身に付けたい方、テクニカルな演奏方も身に付けたい方
中級:テクニカルな演奏方を自分の表現として生かしたい方、とにかく速く弾きたい方
が適しているかと思います。

西村 守「テクニカルロックギター」講座

異なるスタイルも吸収してギタープレイを立体的に

どの先生にも言えることは、プロのギタープレイを間近で学べ、フレーズや知識、テクニックはもちろん、細やかな音の出し方やミュートの仕方、音色まで、「プロとはなんたるか」のアーティキュレーションをも学べます。
そして、1回あたりの参加費は3,000円前後ですから、色々な先生の講座を受講して、リーズナブルに異なるスタイルを吸収することができ、ギタープレイはより立体的になります。

一定期間を区切ってそれぞれ課題曲を設定していますが、いつからでもご参加いただけます。
ぜひ、色々なスタイルにチャレンジしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

義塾の公開講座 ご予約

公開講座のご予約・お問い合わせは、以下のフォームよりお寄せください。

ご予約・お問い合わせ